Blog Archive / IceHockeyStream.net Photography

2016年のブログ記事アーカイブ

平成28年度関東高等学校スケート大会 第25回関東高等学校スケート競技選手権大会 アイスホッケー競技 (2016/12/9-11)

埼玉県上尾市の埼玉アイスアリーナで、平成28年度関東高等学校スケート大会 第25回関東高等学校スケート競技選手権大会 アイスホッケー競技が開催され、栃木県の日光明峰高校が優勝しました。

10校がトーナメント形式で争い、結果は以下の通り。

優勝: 栃木県立日光明峰高等学校
準優勝: 埼玉栄高等学校
第3位: 武相高等学校
第4位: 早稲田実業学校高等部
参加校:

慶應義塾高等学校, 明治大学付属中野高等学校,

法政大学高等学校, 水戸啓明高等学校,

群馬県立渋川工業高等学校, 群馬県立高崎工業高等学校

埼玉県で開催された初の大会ということから、上尾市長賞(大会MVP)が贈られました。

栃木県立日光明峰高等学校 #26 園田啓人選手


続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケーリーグ戦 (2016/10/16)

平成28年度関東大学アイスホッケーリーグ Division-I Group A は二巡目の対戦に入りました。中央大学 vs 慶應義塾大学, 東洋大学 vs 法政大学から。


中央大学 8-2 慶應義塾大学

中央大学は開始53秒で#26坂本が先制。試合を終始優勢に進め、勝利しました。

東洋大学 9-7 法政大学

法政大学は#29石田が1P 4:34までにハットトリックを完成し、試合をリードしました。東洋大学が2P半ばに5失点目を喫した直後にとったタイムアウトから試合の流れが変わり、東洋大学が逆転勝ちしました。

明治大学が全勝でリーグ戦をリード

続きを読む

<Photo> アイスバックス vs チャイナドラゴン (2016/9/19)

ホーム霧降アイスアリーナで開幕3連勝を狙ったアイスバックスの前に、チャイナドラゴンが立ちはだかりました。チャイナドラゴンは1Pに先行を許すも2Pに3点を挙げて逆転。3Pに同点に追いつかれましたが、終了11秒前のゴールで勝利を収めました。

第1戦、第3戦でゴールを守ったチャイナドラゴン #30 橋本三千雄選手。ご家族が観戦に来ていたようです。

アイスバックス 4-2 日光明峰高校

続きを読む

<Photo> アイスバックス vs チャイナドラゴン (2016/9/18)

アジアリーグ・アイスホッケー 2016-2017 アイスバックスの開幕戦は、ホーム霧降アイスアリーナでチャイナドラゴンと3連戦。初戦で苦しんだアイスバックスが 6-2 で勝利した試合をゴールシーンを中心に

2015-2016 シーズンを最後に現役を引退した春名真仁・飯村喜則両氏のメモリアルデーマッチとして開催され、試合後にセレモニーが行われました。

アイスバックス 4-2 日光明峰高校

続きを読む

<Photo> アイスバックス vs チャイナドラゴン (2016/9/17)

アジアリーグ・アイスホッケー 2016-2017 アイスバックスの開幕戦は、ホーム霧降アイスアリーナでチャイナドラゴンと3連戦。アイスバックスが 4-3 で勝利した試合をゴールシーンを中心に。

アイスバックスは、ルーキーの #18 古橋真来選手、#86 彦坂優選手が開幕戦でゴールを決めました。

チャイナドラゴンは、先制されるものの1Pに逆転した局面もあり、アイスバックスを苦しめました。

アイスバックス 4-2 日光明峰高校

続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケーリーグ戦 (2016/9/10)

平成28年度関東大学アイスホッケーリーグ Division-I Group A が開幕しました


リニューアルされたDyDoアイスアリーナの電光掲示板

続きを読む

<Photo> アイスバックス vs フリーブレイズ (2016/9/3)

アジアリーグ・アイスホッケー 2016-2017 プレシーズンマッチ アイスバックス vs フリーブレイズ は、3-2 でフリーブレイズが勝利

アイスバックス

38-1

2-9-10-51-86

74-54-88-18-23

34-28-11-16-22

12-13

フリーブレイズ

44-55

24-2-42-47-17

18-75-22-38-90

8-84-51-16-52

アイスバックス 4-2 日光明峰高校

続きを読む

<Photo> アイスバックス vs 日光明峰高校 練習試合 (2016/7/18)

アイスバックスが、地元の日光明峰高校と練習試合、合同練習を行ないました。試合は25分流しの2P制で行なわれ、4-2 でアイスバックスが勝利。試合後は両チーム合同で、FWとDFに分かれた練習が行なわれました。

アイスバックス出場選手

GK

#1 龍, #38 小野

DF

#5 石川, #28 大津, #34 高橋, #54 伊藤, #74 河合

FW

#12 今野, #16 齋藤哲, #18 古橋, #22 大椋, #23 鈴木, #30 牛来

アイスバックス 4-2 日光明峰高校

終了間際に日光明峰高校が2得点!


続きを読む

<Photo> 第62回早慶アイスホッケー定期戦(2016/5/7)

伝統の一戦、早慶アイスホッケー定期戦がダイドーアイスアリーナで開催されました。


早慶アイスホッケー定期戦

続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケー選手権大会(2016/4/29)

秩父宮杯第64回関東大学アイスホッケー選手権大会Aグループ最終日、決勝戦、3・5・7位決定戦の模様です


中央大学 7-1 明治大学

続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケー選手権大会(2016/4/24)

秩父宮杯第64回関東大学アイスホッケー選手権大会Aグループ、5位決定トーナメント、9・11・13位決定戦の模様です


東海大学 4-5(GWS) 大東文化大学

続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケー選手権大会(2016/4/23)

秩父宮杯第64回関東大学アイスホッケー選手権大会Aグループ、準決勝2試合の模様です


中央大学 5-4(GWS) 東洋大学

続きを読む

<Photo> 関東大学アイスホッケー選手権大会(2016/4/17)

秩父宮杯第64回関東大学アイスホッケー選手権大会Aグループの模様です。9位決定トーナメント2試合、準々決勝3試合が行われました。


早稲田大学 8-5 日本体育大学

続きを読む

<Photo> アジアリーグ・プレーオフ 2011-2012 Play Back

アジアリーグ・プレーオフ・ファイナル 2015-2016を前にして、特に印象に残っているシーズンを振り返ってみました。2011-2012シーズンのファイナルは王子イーグルス(レギュラーリーグ1位)とアイスバックス(RL3位)で争われました。チーム史上初のプレーオフ・ファイナル進出を果たしたアイスバックスではありましたが、セミファイナルで守護神#44福藤選手が負傷、ルーキー#38小野選手がファイナルのゴールを守りました。

続きを読む

<Photo> アジアリーグ・プレーオフ 2009-2010 Play Back

アジアリーグ・プレーオフ・ファイナル 2015-2016を前にして、特に印象に残っているシーズンを振り返ってみました。2009-2010シーズンのファイナルはハルラ(レギュラーリーグ1位)とクレインズ(RL3位)で争われ、ハルラが王手をかけて釧路に乗り込みました。第4戦は終了2秒前にクレインズが追いついてOver Timeで逆転、というスリリングな展開で決着は最終戦に持ち越されました。第5戦は終了17秒前にハルラが追いつき、OTで勝利を収めてアジアリーグ初制覇を果たしました。


続きを読む

<Photo> クレインズ vs アイスバックス (2016/3/6)

アジアリーグ・プレーオフ、ファーストラウンド第2戦はクレインズがアイスバックスに連勝してセミファイナルに進出しました。

大差がついた前日からしっかり立て直してきたアイスバックスが先制・先行し、2Pを終わって1点をリード。しかしながらクレインズが3Pに逆転し5-3で勝利、セミファイナル進出を決めました。クレインズは、レギュラーリーグ2位のサハリンと対戦します。

クレインズ 5-3 アイスバックス

クレインズがプレーオフ・ファーストラウンドを制してセミファイナルに進出!


続きを読む

<Photo> クレインズ vs アイスバックス (2016/3/5)

アジアリーグ・プレーオフ、ファーストラウンド初戦は、クレインズがアイスバックスを圧倒し、9-2で勝利しました。

レギュラーシーズンを締めくくる日韓集結戦を2連勝して3位を守ったクレインズが序盤からアイスバックスを圧倒。クレインズ#48上野選手は5ゴールを決めて、プレーオフ1試合最多得点記録を樹立しました。

クレインズ vs アイスバックス

クレインズ#48上野選手は5得点の大活躍!


続きを読む

<Photo> 日光アイスバックス vs 東北フリーブレイズ (2016/2/28)

アジアリーグ・レギュラーリーグ 5位の座を争う最終戦は、Over Time でフリーブレイズが勝利しました。

ペナルティが多いアイスバックスに対して常に先行したフリーブレイズ。アイスバックスは3P 18:26に同点に追いつき、5位に必要な勝点3を目指して6人攻撃を仕掛けましたが、60分勝ちはなりませんでした。

アイスバックス vs フリーブレイズ

フリーブレイズは#19キム・ストール選手の決勝ゴールでOT勝ち!


続きを読む

<Photo> 日光アイスバックス vs 東北フリーブレイズ (2016/2/27)

アジアリーグ・レギュラーリーグ 5位の座を争う直接対決はアイスバックスが 3-1 で連勝、順位争いは最終戦まで続きます。

フリーブレイズのサポーターも多数霧降に駆けつけ、5位を確定したいところでしたが...

アイスバックス vs フリーブレイズ

アイスバックス#44福藤選手が再三攻守を見せました。


続きを読む

<Photo> 日光アイスバックス vs 東北フリーブレイズ (2016/2/25)

アジアリーグ・レギュラーリーグ 5位の座を争う直接対決は、アイスバックスが 4-1 で快勝しました。

平日にも関わらず、1,000人を超える観衆が集まりました。5位への道は勝点3を取り続けること。Hard Work !

アイスバックス 4-1 フリーブレイズ

5位をかけた直接対決3連戦の初戦はアイスバックスが60分勝ち!


続きを読む