アジアリーグ・アイスホッケー Play Off 2011-2012

スポンサーリンク


アイスバックスがチーム史上初のプレーオフ・ファイナル進出を果たすも、ホーム日光霧降アイスアリーナでイーグルスに敗れる。

<Photo> アジアリーグ・プレーオフ 2011-2012 Play Back

アジアリーグ・プレーオフ・ファイナル 2015-2016を前にして、特に印象に残っているシーズンを振り返ってみました。2011-2012シーズンのファイナルは王子イーグルス(レギュラーリーグ1位)とアイスバックス(RL3位)で争われました。チーム史上初のプレーオフ・ファイナル進出を果たしたアイスバックスではありましたが、セミファイナルで守護神#44福藤選手が負傷、ルーキー#38小野選手がファイナルのゴールを守りました。

2012/3/11 プレーオフ・セミファイナル 第5戦

IceBucks 4-3 Halla

東日本大震災からちょうど1年が経った日の試合でした

2011年3月11日に発生した東日本大震災により2010-2011シーズンのプレーオフ・ファイナルがキャンセルされただけではなく、チームの地元やホームリンク、親会社が甚大な被害を受けました。そうした様々な困難を乗り越えてのシーズン・インでした。


続きを読む

スポンサーリンク


アジアリーグ ページのトップへ